社会人1年目のとき、なんとなく美味しんぼを大人買いした。
そこで海原雄山が黄身の味噌漬けを作っていた。
作り方も簡単なので、いつか作ろうと思っていた料理。
ただし、味噌はめんどくさそうなので、麺つゆで代用することに。

冷蔵庫にあった卵を取り出す。


卵黄と卵白を分ける。
卵白はスープに入れたり、中華餡に入れたり、お菓子に使ったり。


卵黄が漬かるまでタッパーに麺つゆを入れる。


2日程放置でよいが、漬かりムラが気になる方は、ひっくり返すとよい。


完成後、麺つゆから取り出すと、つやと透明感が出ていた。


さっそく頂いてみる。
味は卵かけ御飯を固形にした印象。
ねっとりとしており、麺つゆがよく染み込み味が濃い。
これはご飯が欲しくなる。
個人的には単品料理としての魅力に欠けるが、味付けの仕方で変わってくるのだろう。
次は薄めに作ってみたい。

〈黄身の麺つゆ漬け〉
黄身………食べたいだけ
麺つゆ……黄身が漬かるくらい

1.卵黄と卵白をわける。
2.卵黄を濃縮タイプの麺つゆに漬け2日置く。