奥様がお昼出かけるとのこと。自然と余り物で自炊する流れに。
エビとキノコと卵があるとのことなので、天津飯をつくろうと思う。
卵をフワフワにするので昔悩んだなぁ。今もだけど。

余り物はひとまとめにされていた。
エビが余ってるのはラッキー。


溶き卵に水を50cc入れ、よく混ぜる。
水を入れた方が焼きあがりがフワフワすると思う。
あと、風味付にごま油を大さじ1を入れ、よく混ぜ合わせた。
水溶き卵の完成。

フライパンは中火にし、水溶き卵を投入。
橋で引っ掻くようにまぜ、卵が半熟のうちに火を止める。
卵の硬さは好みなので、火を止める時間は各々で。
そして、ご飯の上に乗せる。

ちなみに、引っ掻くように混ぜるというのは、菜箸でフライパン底が見えるように卵をそぎ取り、見えたフライパン底に、まだ固まってない卵を流し込むイメージ。説明し辛いな。。。
半熟のオムライスの卵を作る要領でいいと思う。


次に同じフライパンでキノコ、エビを炒め、あんを入れ煮る。
火が通ったらとろみ付の片栗粉投入。


完成したあんをかけて完成。


自炊のやりたい放題さに改めて楽しさを覚える。
自分の好きな味付けで一人楽しむ食事だった。


〈天津飯〉
ご飯……お茶碗一杯
卵……2個
キノコやエビ……食べたい食材を食べたいだけ

**あん
ウェイパー……小さじ1
薄口醤油…………少々
水 …………………1カップ
**とろみ
片栗粉……………大さじ1/2

1.卵と水50ccを混ぜ、フライパンで焼く。
※風味が欲しいときはごま油大さじ1を入れる。
好みの硬さになったらご飯の上に乗せる。
2.あんとキノコを鍋に入れ煮る。
とろみが欲しいときは水溶き片栗粉を加える。
3.卵の上からあんをかけて完成。