さっぱりしたものが食べたい!
それでいてちゃんと料理になっている小鉢。
そんな料理を探して行きついたのがナスソーメン。
ベースははなまるマーケットで紹介されたレシピ。
今回の料理はいつもよりちょっと手が混んでる。


材料はナスと好きな薬味。


まずはナスの皮をむく。


太麺を意識して細切りにし、塩水にしばらく漬ける。
5分くらい。


漬けてる間に洗い物したり、片栗粉をパットに入れたり。


時間がたったら、水を切り片栗粉をまぶす。


5分くらい茹でる。


茹で上がったらお湯を切り、冷水で粗熱をとる。
このとき茄子たちがくっつかないようバラけさせる。
これを器に入れて完成。


薬味を忘れてた!!

急いで準備するが基本は切るだけ。
季節もののお野菜がお勧め。
今の時期だとオクラ、ミョウガ、ネギ。
紫蘇も入れたかったが、庭にいいのが生えてなかった。


タレは麺つゆそのままでもよい。
が、サッパリ食べたかったので、麺つゆに酢を入れてみた。
ところてん食べるときの味のイメージ。


個人的には麺つゆと酢、ゴマだれとラー油の組み合わせが好き。


片栗粉でコーティングしているおかげで、ツルツル食べることが出来る。
夏の小鉢料理としては一番好きかも。手間かかるけどね。


〈茄子の翡翠ソーメン風〉
ナス………1本
片栗粉……適量

**麺つゆダレ
麺つゆ……50cc
お酢………大さじ1

**ごまダレ
市販のごまダレ
ラー油


**作り方
1.なすの前後を切り、皮を厚めにむく。
ナスを4mm程度の千切りにする。
ナスを塩水に5分漬け、軽くアクを取る。
2.ナスの水気をふき、片栗粉をまんべんなくまぶしてコーティングする。
3.沸騰したお湯で5~6分ゆでる。
ザルにあげて、冷水で熱をとる。
4.ナスを器に盛り、タレをかける。