長芋が好きなのだが、余り食卓に登ることはない。
奥様は嫌いという訳ではなく、調理のレパートリーが少なく余りやすい。そして、生で食べるのはそこまで好きではないとのこと。私は温めたクタッとした食感より生のシャクシャクした食感が好き。そこで、食感は残しつつ、生っぽさも消える漬物を作ることにした。

まずは長芋を入手。特売してたので割と安めに買えた。


皮を向いて、好きな大きさに切ったら、塩で洗ってぬめりを取る。
ぬめりとりは本気でぬめりを無くすわけではなく、軽くやる程度。


洗い終わったら密封出来るものに入れ、酢と砂糖を入れる。
今回は奥様のための調理なので、奥様好みの味付けにする。ただ、細かいところは食べてみないと何とも言えないところもあるので、2種類作って奥様の反応を伺うことに。

一つは味付けに昆布茶を入れたかったが、生憎切らしていたのでとろろ昆布で代用する。

もう一つはうちに常備されてる柚子胡椒を入れてみた。
ちなみに、私が大分出身だからなのか奥様判断で柚子胡椒は切らさず常備してくれてる。有難いことだ。


液が浸かるよう密封してしばらく漬け込む。


半日くらい着ければ完成。
どんなもんか味見をしてみるが、うまく漬かっていた。
食感も程よく残っており出来はよい。


夕食時、完成品を奥様に食べて頂いたが結果は上々。
特に柚子胡椒のが美味しいとのこと。とろろ昆布は美味しいけどなにか引っかかってる様子。
どうしたの?と尋ねると奥様はこう言った。

「とろろ昆布も美味しいけど、あれ賞味期限結構切れてるやつじゃない?」

・・・今度からは賞味期限の確認しときます。

補足だが、写真左の茶色いのは麺つゆで漬けたやつ。
私は甘酸っぱいのより、塩気を感じる漬物が好きなので、後から作ったのだが、評判良くなかったのでレシピは載せていない。

ちなみに、後日浅漬けの素で漬けてみたが、個人的にはそっちのほうが好きな味だった。



〈長芋の漬物〉
長芋…………食べたいだけ
酢……………大さじ1
砂糖…………大さじ1.5

以下お好みで
柚子胡椒……小さじ1(お好みで)
とろろ昆布…少々(お好みで)

1.切った長芋を塩と酢で洗い、ざっくりぬめりを取る。
2.袋に材料と長芋を入れ、5時間くらい漬ければ完成。
劣化が早いのでその日のうちには食べ切りたい。