豚タンの燻製は、いつも出来合いのタンを燻製していた。
自分でも作ってみたいと思う反面、出来合い程美味しく作れないという思いが邪魔をしていたが、今回ようやく作る決意が出来た。

気が変わらないうちに早速スーパーで豚タンを購入。
値段は350円。
思ったより高いのは国産だからだろうか。
角度によってはグロいので、写真に気を使う…。


まずは塩降って血抜きで1日。
結構な量の血が出る。

次に炊飯器の出番。
湯の入った炊飯器に、ビニールに入れたタンを入れ、保温で2時間。


2時間後、炊飯器から取り出すと更に血が出ていた。
丹念に拭き取る。
血抜きはもっと丁寧にやればよかったかな。


綺麗に洗い流して、次の週末まで麺つゆに漬け込む。


一週間後取り出す。
若干色鮮やかに。むしろ写真間違えてるかも。


風乾後、燻製器へ。
靴を磨きながら燻し中。


靴磨きが完了。おそらく30分くらいかかった。
タンを確認すると、いい色に仕上がっている。


夕食時、試しに切ってみると、、、
わりとイメージに近いものが出来ていた。


さっそくスライスして、皿に乗せ、レンジで加熱。
出来上がったタンはとても美味しそう。
さっそく頂いてみる。


味が染みててとても美味しい。
初めてにしては良くできたと思うが、若干麺つゆの甘さが舌に残る。
十分美味しいとは思うが、次は鶏ガラスープで漬け込んでみようかな。
改善点はいくつか見つかったので、次回はもっと美味しく出来るはず。