頻度の高い燻製の一つ、うずら卵。
材料も簡単に手に入り、安くて美味しい。


作り方も簡単。

まずは水煮のうずら卵を買ってくる。
次にソミュール液に漬けるのだが、私はソミュール液を作るのが面倒なので、うずらの水煮に麺つゆ(3倍濃縮)を足して一晩漬けている。少し濃いめの味が、個人的には美味しいと思う。


一晩寝かしたら冷蔵庫から取り出し、涼しいところで1時間程風乾。風乾の時間がない時は、キッチンペーパーでよく水分を拭き取ってやる。


余分な水分がなくなったら、いよいよ燻してみる。
今回は少量なので、コッフェルを使って燻製。
靴を磨きながらしばし待つ。


いい色に出来た。


煙を落ち着かせ、さっそく食卓に。
味付き卵と煙の風味が合間ってとても美味しく出来た。
奥様もうずら卵の味にはご満悦のようだ。