スノーピークのコンパクトスモーカーを使っている。
非常に使いやすくて重宝しているのだが、元々熱燻用に作られているため、温度管理が出来ないのが欠点だ。そこで、愛読している燻製記を参考にスモーカーの改造を試みた。

まずは、ホームセンターで材料を購入。
ネジと取手、それらを締める六角レンチだ。


家に戻ると早速改造を始める。
改造は至って簡単。
蓋にネジと同じ穴を開け、部品を付けるだけ。
ちなみにドリルは何故かうちにあった。
おそらく学生時代のときに何かの改造に使ったのだろう。。。


10分程度で完成したので、試しに仕込んでいた食材を燻してみる。
しばし靴を磨きながら待つことに。

余談だが、燻製は当初、庭の片隅にレンガかなにかで燻製器を作る予定だったが、奥様が植物を植えることのなったため、テラスのテーブルの上が指定席になってしまっている。


そうこうしてる間に燻製完成。
温度計があるので温燻、熱燻の温度が一目でわかり非常に使いやすい。いずれ冷燻に対応する改造を施したいが、それはまだ先の話。